逆転オセロニア攻略ブログ

逆転オセロニアの攻略サイトです。リセマラや最強ランキングなどあらゆるネタを配信中!

*

【オセロニア】呪いと竜のコンビネーション!暗黒竜デッキの戦術・おすすめレシピ

   

オセロニア 暗黒デッキ
暗黒竜デッキ(竜統一暗黒デッキ)の戦い方やおすすめレシピを紹介します。

2018年7月に暗黒・竜鱗・捕食スキルを搭載した駒が大量に追加されました!

竜鱗・捕食スキルの実装で暗黒デッキも活躍の時代が来たかと思われましたが…

残念ながらそれでもあまり強いデッキとは言えないですね。

ただし実装当時よりは使いやすくなったのは間違いないです。

今回はその暗黒スキルに注目し、現環境でも使えそうな構成を考えてみました。

スポンサードリンク

デッキ評価


総合的な
強さ
★★☆☆☆
デッキの
組みやすさ
★★☆☆☆
相性が悪い
敵デッキ
回復・呪いデッキ以外(苦笑)

戦い方とデッキコンセプト

暗黒デッキは、自身を呪いながらも、竜鱗や捕食スキルで自分のHPを保ちつつ高火力アタッカーで攻撃していくのが基本戦術です。

竜統一デッキ同様に、いかにコンボスキルを繋ぐかも重要です。

しかし竜統一デッキよりも中期戦になりますね。

竜鱗スキルや捕食スキルといったサポートスキルが揃っていないと暗黒デッキを編成するのは難しいでしょう。

暗黒デッキはかなり運要素の強いデッキです。

ただでさえ運要素の強い竜デッキと、これまた運要素の強い呪いスキルの掛け合わせなので本当に運に左右されます。

おすすめデッキレシピ

どんなデッキにも対応できるような、竜属性暗黒デッキの中では比較的安定度が高いデッキを紹介します。

竜鱗・捕食スキルは必須です。

フェルナンドは貫通コンボ要員として採用しました。(暗黒スキルの貫通駒がほとんどないため。)

このままだとアタッカーが不足気味なので、他のA駒のアタッカーと入れ替えもありです。

B駒は捕食スキルを搭載した15m級を採用していますが、バフ要員として金色・ドラゴニュート・ルゥもおすすめ。

デッキテンプレ画像は「攻略アプリ~逆転の書~for逆転オセロニア」のデッキシミュレーターを使っています。

めちゃくちゃ便利なので、是非使ってみてください!

App Storeからダウンロード

Google playからダウンロード

コスト200

オセロニア 暗黒竜デッキ

キャラ 総合評価
オセロニア ヴィグラス 【竜属性】A駒※リーダー
ヴィグラス
4.5点
オセロニア マリーツィア 【竜属性】S駒
[闘化]マリーツィア
4.5点
オセロニア シャンティ・ハリ 【竜属性】S駒
[闘化]シャンティ・ハリ
4点
オセロニア [饒舌な破壊者]トレグレニグ 【竜属性】S駒
[闘化]トレグレニグ
4.5点
オセロニア [進化]シェンメイ 【竜属性】S駒
[闘化]シェンメイ
4.5点
オセロニア ジェンイー 【竜属性】S駒
[進化]ジェンイー
5点
オセロニア フォイムント 【竜属性】A駒
フォイムント
4点
オセロニア ドゥンラー 【竜属性】A駒
ドゥンラー
4点
オセロニア ニンブス 【竜属性】A駒
ニンブス
4.5点
オセロニア ガル・イーラ 【竜属性】A駒
ガル・イーラ
5点
オセロニア マーリン 【竜属性】A駒
マーリン
4点
オセロニア フェルナンド 【竜属性】A駒
フェルナンド
4点
オセロニア [竜闘化]心核の守護者 【竜属性】A駒
[竜闘化]心核の守護者
5点
オセロニア ランドタイラント 【竜属性】A駒
[闘化]ランドタイラント
5点
オセロニア 15m級 【竜属性】B駒
15m級×2
オススメ

デッキ編成のポイント6選!

コスト200の場合、S駒5枚、A駒9枚、B駒2枚の編成が良いでしょう。

【その1】リーダーはヴィグラスがベスト

オセロニア [破砕の翼]ヴィグラス

[破砕の翼]ヴィグラス


竜属性でデッキを編成する場合、チャージスキル主体の編成以外でリーダーは「味方の竜駒のATKを上昇させるオーラバフスキルを搭載した駒」という選択肢以外ないと思います。

暗黒デッキでは、A駒のヴィグラスがベスト。

ヴィグラスは、1.3倍のオーラバフに加え、毎ターン(この駒を除く)自分の手駒の中から1枚呪い状態にするスキルを搭載しています。

暗黒デッキでは相手が呪いスキルを使ってくるデッキではなかった場合、腐ってしまうスキルも多いです。

ヴィグラスをリーダーにしておけば、暗黒デッキのスキルのハードルを全体的に下げることができます。

【その2】竜鱗スキルを搭載した駒を編成する。

オセロニア [聖調なる光]シャンティ・ハリ

[聖調なる光]シャンティ・ハリ


暗黒デッキは自分の手駒をどんどん呪っていくため、どうしても自傷ダメージが痛いです。

竜鱗スキルを使って自傷ダメージを軽減しましょう!

竜鱗スキルは、呪い・毒・吸収ダメージを軽減することができます。

呪いダメージだけでなく、魔デッキ相手では毒や吸収も軽減することが可能です。

竜鱗スキルでおすすめなのはS駒の[闘化]シャンティ・ハリです。

竜統一デッキであれば発動条件がなく、呪いダメージを永続で40%にしてくれます。

A駒ではガル・イーラがおすすめ。

ガル・イーラは竜統一デッキでなくても使えるため、他のデッキでも活躍できるのが特徴です。

竜鱗スキルを搭載した駒はまだまだ少ないですが、今後の新キャラ追加に期待しましょう。

簡単に竜鱗スキルを搭載した駒をまとめてみました。

▼S駒▼

キャラ 総合評価
オセロニア シャンティ・ハリ 【竜属性】S駒
[闘化]シャンティ・ハリ
4点
オセロニア 冒険・マルガレータ 【竜属性】S駒
冒険・マルガレータ
4点

▼A駒▼

キャラ 総合評価
オセロニア ガル・イーラ 【竜属性】A駒
ガル・イーラ
5点
オセロニアエルケス 【竜属性】A駒
エルケス
4点
オセロニア ドゥンラー 【竜属性】A駒
ドゥンラー
4点

【その3】捕食スキルを搭載した駒を編成する

オセロニア [貪る屍骸]マリーツィア

[貪る屍骸]マリーツィア


【その2】でも書いた通り、暗黒デッキは自傷によるダメージが大きいのでHP管理が大切になります。

竜鱗スキルと組み合わせて、捕食スキルでHP管理をしましょう。

捕食スキルは相手に与えた通常攻撃ダメージに応じて回復することができます。

しかし竜鱗スキル同様、搭載した駒が少ないのが現状です。

おすすめなのはS駒の[闘化]マリーツィア。

[闘化]マリーツィアの回復量は捕食スキルのなかで群を抜いていて、コンボスキルをうまく繋げることができれば5000〜10000の回復が可能です。

A駒では条件もゆるく回復量も多いフォイムントがおすすめ。

捕食スキルも数が少ないので、今後に期待ですね。

捕食スキルを搭載した駒を簡単にまとめました。

▼S駒▼

キャラ 総合評価
オセロニア マリーツィア 【竜属性】S駒
[闘化]マリーツィア
4.5点
オセロニア ミニエラ 【竜属性】S駒
[闘化]ミニエラ
4点

▼A駒▼

キャラ 総合評価
オセロニア フォイムント 【竜属性】A駒
フォイムント
4点
オセロニア ヴァロメント 【竜属性】A駒
ヴァロメント
3点
オセロニア ユグルパ 【竜属性】A駒
ユグルパ
3点

【その4】暗黒デッキでのみ使える高火力アタッカーを編成する。

オセロニア [饒舌な破壊者]トレグレニグ

[饒舌な破壊者]トレグレニグ


暗黒デッキのアタッカーとして、呪われているときに火力がアップする駒や、呪いの枚数で火力がアップする駒を編成しましょう。

おすすめなのは[闘化]トレグレニクです。

[闘化]ノイレに次ぐ最大火力を持っています。

コンボスキルも暗黒デッキでの運用となればかなり強力です。

しかし、手駒の呪い駒がばらけている必要があるため運も絡んできます。

他には[闘化]シェンメイや、[闘化]真田幸村が、暗黒デッキでの強力アタッカーとなります。

【その5】リーダー以外にも攻撃力アップのオーラスキル搭載した駒を編成する。

オセロニア [地城竜]ランドタイラント

[地城竜]ランドタイラント


一部を除き竜属性デッキ全般の戦い方は短いターンでどれだけダメージを出すことができるかが重要です。

手駒にいることで攻撃力を増やせるオーラスキル搭載駒は、デッキ編成必須となります。

倍率1.3倍のA駒[闘化]ランドタイラントは確実にデッキに入れましょう。

ないと竜属性速攻デッキの編成は厳しいと言ってもいいくらいに必須級です。

最大倍率1.3倍のA駒マーリンも、[闘化]ランドタイラントには劣るもののオススメ。(コラボ限定駒なので現在入手不可)

特に自傷呪いタイプの暗黒デッキはA駒マーリンとの相性が良いです。

手駒事故率が高くなりますが、2枚編成も十分選択肢としてありですね!

【その6】自分の手駒を呪える暗黒スキル搭載駒を編成する。

オセロニア [弔意の桜]桜骸丸

[弔意の桜]桜骸丸


今回ご紹介する自傷呪い暗黒デッキは、自分が呪われている事で真価を発揮する駒を編成しています。

しかし、毎度呪い魔デッキと対峙するわけではないのでこちら側から自身を呪っていくことが必要に。

リーダーのヴィグラスのスキルに加え、盤面に出すことで手駒を呪うスキルを持った駒を編成するのもありです。

A駒だとシイネアイービルフラウ、S駒だと[闘化]桜骸丸[闘化]納涼・シェンメイは呪い条件がなく自身を呪うスキルを搭載しています。

しかしどの手駒が呪われるかは完全に運なので、思い通りに呪い駒がばらけてくれないこともしばしば。

[闘化]トレグレニグなどの呪いの囁き駒を使うとなると、ヴィグラスのスキルだけでは不十分になることもあるでしょう。

スポンサードリンク

 - デッキ解説