逆転オセロニア攻略ブログ

逆転オセロニアの攻略サイトです。リセマラや最強ランキングなどあらゆるネタを配信中!

*

【オセロニア】リンド|評価と使い方

  2017/10/28  

オセロニア 闘化解放
逆転オセロニアの「リンド」の総合評価や特徴、さらにはステータス・スキル・入手方法まで詳しくご紹介しています。

スポンサードリンク

オセロニア リンド 評価・特徴

総合評価

キャラ 総合評価
リンド [進化]3点/5点
[闘化]4.5点/5点

特徴・使い方

2017年10月カップ戦「バーニングスピリット杯」の報酬でゲットできる竜属性のA駒。

現在はバトルコイン100枚と交換可能です。

2019年3月に闘化解放されました!

進化はチャージスキル、闘化は捕食スキルを搭載しています。

【進化】[舞焔の剛拳]リンドの特徴・使い方

リンドのチャージスキルは竜単デッキでのみ発動可能。

効果は最大2.6倍のバフスキルです。

チャージ0回でも1.1倍のバフがかかります。

1ターンのチャージ量は0.3ずつという事なので5回のチャージでフルチャージですね。

チャージ
回数
バフなし レジェリーダー
(1.3倍)
デネヴリーダー
(1.4倍)
チャージ0回
1.1倍バフ
1188 1544 1663
チャージ1回
1.4倍バフ
2553 1966 2117
チャージ2回
1.7倍バフ
1836 2387 2570
チャージ3回
2倍バフ
2160 2808 3024
チャージ4回
2.3倍バフ
2484 3229 3438
チャージ5回
2.6倍バフ
2808 3650 3931

このようにフルチャージできると非常に強力な効果となります。

コンボスキルは1.6倍のバフスキルです。

コンボスキル発動条件には竜単デッキでしか発動できません。

スキルも竜単デッキだけの発動なので、実質は条件なしみたいなものですね。

評価は5点中3点にしました。

先日、竜属性のストラクチャーセットが発売され、チャージが活きる環境になるかとも思いましたが、現実はまだまだ厳しいですね……

なので、今回のこのリンドも現時点では活躍するのは厳しいのではないでしょうか……

実際に私も竜属性ストラクチャーセットを購入しましたが、まだチャージスキル&長い時限バフは使いこなせていません。

毎日のデイリーコロシアムでも使っていますが、チャージスキルが活躍してくれるのは稀です。

初手に手駒に来てくれないとあまり使えないといった印象が非常に強いですね……

特に竜デッキはマッチングの関係なのかミラーマッチが非常に多いです。

なのでバトルが長引くことも少ないので、チャージが活きる前に勝負はついてしまいます。

時限のHPが高いキャラをデッキに編成しても速効型竜デッキや呪いゴリ押しデッキには効果がほぼありません……

キャラ性能に「たられば」はあまり言いたくはないのですが、チャージを活かすことができなくとも、強力なコンボスキルがあれば少しはいいのかなとも思うところではあります。

チャージキャラは現状、対人戦としてもほぼ見かけることがないです。

決して弱いわけではないのでしょうが、環境として成り立っていないと思うのでこの点数にしました。

個人的にはSキャラのチャージキャラはSキャラ枠が少ない為、入れるのは戸惑いますが、Aキャラなら初手に来れば最後のフィニッシャーに使えるかもしれないので1枚ならデッキ編成もアリだと思っています。

また、レジェをリーダー設定している方も1枚デッキに入れておくとルキア対策にもなるのでスタメン検討もアリでしょう。

【闘化】[竜焔の拳聖]リンドの特徴・使い方

【スキル発動条件】
・自分のデッキの駒がすべて竜属性
・自分の手駒が1枚以上呪い状態

【スキル効果】
・ATKが1.3倍
・通常攻撃ダメージの120%の回復

捕食スキルを搭載した竜A駒を比べてみましょう。

キャラ 発動条件 火力
【ATK×バフ倍率】
回復量
【火力×捕食倍率】
オセロニア [竜焔の拳聖]リンド
[闘化]リンド
・竜統一デッキ
・手駒が1枚以上呪い状態
1143
【879×1.3】
1372
【1143×120%】
オセロニア [迎春の料理]パトロクロス
・竜統一デッキ
・手駒が2枚以上呪い状態
1042
【868×1.2】
1458
【1042×140%】
オセロニア 朱莉
・竜統一デッキ
・手駒が3枚以上呪い状態
935
【850×1.1】
1777
【935×190%】
オセロニア アイドル香蘭
・竜統一デッキ
・この駒が呪い状態
897
【815×1.1】
1614
【897×180%】
オセロニア 暴食のグラトニー
・手駒が2枚以上呪い状態
882
【735×1.2】
1588
【935×180%】
オセロニア ユグルパ
・盤面に自分の竜駒2枚以上
・手駒が2枚以上呪い状態
963
【875×1.1】
1541
【963×160%】
オセロニア フォイムンド
・竜統一デッキ
・手駒が1枚以上呪い状態
952
【865×1.1】
1522
【952×160%】
オセロニア ヴァロメント
手駒が2枚以上呪い状態
894
【813×1.1】
1163
【894×130%】
[進化]コルボー
・竜統一デッキ
・手駒が2枚以上呪い状態
954※貫通
【795×1.2】
1049
【954×110%】
オセロニア ローガンス
・竜統一デッキ
・手駒が1枚以上呪い状態
1590※貫通
【1060×1.5】
795
【1590×50%】

火力はローガンスに次いで高いです。

回復量は中程度ですね。

回復をしたいがそれなりに火力を出したいときに使うといいでしょう。

発動条件がありますが、ヴィグラスやアイトワラス、[闘化]ノクタニアリーダーの暗黒竜デッキであれば必ず発動することができます

捕食スキルを持った駒の中では比較的条件がゆるい方ですね。

【スキル発動条件】
・自分の手駒が2枚以上呪い状態

【スキル効果】
・ATKが1.7倍
・通常攻撃ダメージの20%の回復

コンボスキルも捕食です。

スキルよりも少し発動条件が厳しくなっていますね。

捕食ですが、回復よりもバフの方が強力です。

A駒で固定1.7倍バフはいい感じだと思います。

評価は5点中4.5点にしました。

スキルもコンボもいい感じです。

暗黒竜デッキの捕食兼バフコンボ枠として使えそうですね。

ただしコンボの条件が少しきつくなっているので気をつけましょう。

オセロニア リンド 基本パラメーター

オセロニア リンド

リンド



キャラ名 【進化前】リンド
【進化】[舞焔の剛拳]リンド
【闘化】[竜焔の拳聖]リンド
レアリティ A→A+
入手方法 バトルコイン
属性
コスト 10
闘士印
声優 熊沢玄徳

オセロニア 【進化】リンド ステータス・スキル

オセロニア [舞焔の剛拳] リンド

[舞焔の剛拳] リンド


ステータス

HP ATK
最大Lv 1295 1080

スキル

スキル 竜焔覇皇拳
最大Lv2 [チャージ][リンク]攻撃力アップ:自分のデッキの駒がすべて竜属性のとき発動できる。通常攻撃が1.1倍になる。
この攻撃力アップの倍率は手駒にある間、毎ターン開始時に0.3ずつ加算され、最大で2.6倍になる。

コンボスキル

スキル 極炎烈滅波
最大Lv2 [リンク]攻撃力アップ:自分のデッキの駒がすべて竜属性の時発動できる。通常攻撃が1.6倍になる。

オセロニア 【闘化】リンド ステータス・スキル

オセロニア [竜焔の拳聖]リンド

[竜焔の拳聖]リンド


ステータス

HP ATK
最大Lv 1569 879

スキル

スキル 竜焔覇皇拳・二の型
最大Lv2 [リンク]捕食:自分のデッキの駒がすべて竜属性のとき、ターン開始時の自分の手駒が1枚以上呪い状態のときに発動できる。ATKが1.3倍になる。さらに、このターン与えた通常攻撃ダメージの120%自分のHPを回復する。

コンボスキル

スキル 覇竜炎捕撃
最大Lv2 捕食:ターン開始時の自分の手駒が2枚以上呪い状態のときに発動できる。ATKが1.7倍になる。さらに、このターン与えた通常攻撃ダメージの20%自分のHPを回復する。

闘化素材

オセロニア リンド闘化素材
記載されている必要素材はレアリティA(進化前のレベルMAX状態)から闘化させる場合に必要な素材数です。

レアリティA+(進化後のレベルMAX状態)から闘化させる場合には、必要素材が少なくなる場合があります。

必要素材
ゴールド・カーバンクル×3
シルバー・カーバンクル×4
ブロンズ・カーバンクル×5
ドラゴソウル×1

スポンサードリンク

 - A駒 , , ,