逆転オセロニア攻略ブログ

逆転オセロニアの攻略サイトです。リセマラ攻略・最新イベント情報など逆転オセロニアに関するあらゆるネタを配信中!

*

【オセロニア】6月カップ戦「レイニーブルー杯」のルールとおすすめデッキ考察

   

レイニーブルー杯
逆転オセロニアの6月カップ戦イベント「マジカルグリーン杯」のルールとおすすめデッキなどをご紹介します。

スポンサードリンク

カップ戦情報

6月23日(金)~25日(日)
朝:9:00~9:59 (23日は開催なし)
昼:12:00~12:59
夕:17:00~17:59
夜:22:00~22:59

コスト一覧

今回は下記のようなデッキ制限ルールが設けられています。カッコ内は実際のコストです。

マイナスコスト

-4(6)
ネネル(前回カップ戦報酬)

-3(17)
導師印のB、A、A+

-2(18)
獣使印のS、S+

-1(C・B4、A9、S19)
獣使印のB、A、A+
導師印のC、B、A、A+、S、S+
闘士印のA、A+、S、S+

プラスコスト

+5(A15、S25)
魔界印のA、A+、S、S+

+3(A13、S23)
術師印のA、A+、S、S+

カップ戦の対策

デッキコスト等を見て考えられる傾向を想定しながらデッキの組み方を考えてみたいと思います。

今回からコストが170になるので注意してください。

カップ戦の仮説

  • 神のキー駒ジークフリートがマイナスコストなため神統一デッキが多い
  • 貫通竜やデネヴがマイナスコストで、罠駒の多くがプラスコストなため竜統一、あるいは竜混合デッキが多い
  • ネネルがマイナスコストで主要回復駒のコストが変動なしなので回復デッキが普段より多い

各属性のおすすめ度

今回は前哨戦を行なって気付いたポイントを中心に記載します。

神統一攻撃デッキ

オススメ度:★★★★

毎回安定して勝つことができる神デッキですが、今回のカップ戦では闘士印に強力なキャラクターが多く編成しやすいと思います。

低コストでは他のデッキよりもB駒が使いやすい分、駒運にも左右されにくくおすすめです。

今回は特殊罠駒のコストが上がっているため安定して攻められます。

一方、ポーリュプスやダークアサシンなどのカウンター駒のコストは下がっているため、置きバフのB駒や金色フギンムギン等でバフをかけて少ない手数で勝負を決められるようにしたいです。

魔デッキ

オススメ度:★★☆☆☆

進化ヨシノをリーダーにしてカウンターを置きながら、アズリエルなどで削ってライフバースト系でとどめを刺す戦法です。

主導権を握ることは可能ですが、貫通竜や高火力神駒によって逆転されることが多い印象です。

竜統一デッキ

オススメ度:★★★☆☆

前回は貫通竜がプラスコストだったため、あまり活躍できませんでした。

しかし、今回はレグスやアムルガルなど、竜デッキでメインとなるキャラクターがマイナスコストになっているため、竜統一デッキでも活躍できると思います。

神主体の混合

オススメ度:★★★★

HPも平均以上で貫通竜も編成しているデッキが強い印象です。

罠駒自体は少ないですが、闘化アンドロメダなど防御スキルを持つ駒が多く編成されているため、貫通竜が重宝します。

デッキごとのおすすめ駒

上記で紹介した駒以外におすすめの駒を各デッキ3体ずつピックアップしてご紹介します。

[神]フェアリーフェンサー

神デッキのアタッカーはヴィクトリアやエンデガなど、残りHP量が発動条件になっている駒が多いため、いつでも使える駒は手駒事故を防いでくれます。

祝融やアルベルダでも良いですが、マイナスコストのフェアリーフェンサーが今カップ杯ではおすすめです。

[神]闘化ミアクレル

今回のカップ戦の最強キャラと言っても過言ではありません。

2倍の火力を初ターン以外いつでもどのようなデッキでも出せます。

神統一や混合デッキなど活躍する幅が広く、ステータスやコンボスキルが優秀なところもポイントです。

[神]ブライダルウンディーネ

今回は毒が少なくバフを活かしたデッキが多いため、デバフスキルを持ったキャラクターが活躍すると思います。

ウンディーネは短期的なデバフスキルに加えてバフ系のコンボスキルを持っているため、中・後半でのX打ちも可能です。

防御スキルはシールド等と組み合わせて使うとより効果的です。

[魔]アズリエル

もちろん強いですが、コストが170に上がって総HPが上がるため、今までよりも出すタイミングやコンボスキルをいかに使うかがポイントになります。

[魔]アヌビス

竜統一デッキや不意にX打ちされた時、相手の思い通りにさせないためにスキル無効は有効な手段になります。

今回はコストダウンしているところもポイントです。

[竜]クリムゾントニトルス

前哨戦では蘭陵王リーダーが多い印象だったのでクリムゾントニトルスは活躍すると思います。

[竜]ラーニ

アズリエルやスパルムなどを編成しているデッキもあったので、竜のコンボ要因としてラーニの編成はありだと思います。

コストの関係で魔デッキが少ないので孫尚香は編成しないほうが良いと思います。

[混合]金色アラジン

ゴールデンウィークガチャで金色アラジンを手に入れた方は混合デッキで編成しましょう。

今回はダウスタラニスなど貫通竜が活躍するのでコンボ要因として最適です。

[混合]ブレスドソーディアン

前述した通りデバフスキルを持ったキャラクターが重宝します。

コンボ要因としても優秀なのでこちらも貫通竜と相性が良いです。

[その他]イクシラ

今回は回復駒のネネルがコストダウンしているため回復耐久とも当たりやすいです。

回復耐久デッキと相性が悪いデッキ(スパルム耐久デッキなど)を使用する際は、イクシラが後半で活躍するため、編成をおすすめします。

導師印なのでコストが大幅に下がっていて、入れやすいと思います。

おすすめデッキサンプル

神統一バフデッキ

レイニーブルー杯神デッキ
レアリティ キャラ
S駒 闘化アシュナリー[神]/闘化キムン・カムイ[神]/闘化ジークフリート[神]
A駒 【リーダー】ムーニア[神]/ゼラミス[神]/張遼[神]/金色フギン&ムギン[神]アルベルダ[神]/フェリタ&プティ[神]/フェアリーフェンサー[神]/アラク[神]/アルーシャ[神]/オキクルミ[神]
B駒 ヘカ[神]/ウィンドスピリット[神]/ウラニア[神]/td>

竜デッキ

レイニーブルー杯竜デッキ
レアリティ キャラ
S駒 闘化金色リーン&ゲイル[竜]/レグス[竜]/アムルガル[竜]
A駒 【リーダー駒】レジェ[竜]/ブライダルサカ[竜]/龍麗[竜]/ファイアドレイク[竜]/マギラ[竜]/クロリス[竜]/ゲレルドレイク[竜]/ブリッツドラゴン[竜]/アルン[竜]/ランドタイラント
B駒 金色ドラゴニュート・ルゥ[竜]/イヌンダシオン×2[竜]/td>

神混合デッキ

レイニーブルー杯神混合
レアリティ キャラ
S駒 ダウスタラニス[竜]/ヴィクトリア[神]
A駒 【リーダー駒】ムーニア/忍竜[竜]/ランドタイラント[竜]/テラーナイト[魔]/アヌビス[魔]/ブライダルウンディーネ[神]/金色アラジン[神]/金色フギンムギン[神]/ラザネイト[神]/フェアリーフェンサー[神]/祝融[神]/ザフキエル[神]/ヴァイセ[神]
B駒 エンジェルナイト[神]

私が使っているデッキ

レイニーブルー杯防御
レアリティ キャラ
S駒 ニューイヤーアズリエル[魔]/進化ヨシノ[魔]/イクシラ[神]
A駒 【リーダー】ネラ[魔]/ブライダルポーリュプス[魔]/月英[魔]/狩魔冥[魔]/ジルドレ[魔]/テラーナイト[魔]/アヌビス[魔]/ブライダルウンディーネ[神]/ハヌマーン[神]/ザフキエル[神]
B駒 金色エンジェルナイト[神]/エンジェルナイト×2[神]

総評

今回は最凶決戦などの不確定要素が無いため、前哨戦を回って対策を考えてみました。

今回のポイントは「主力となる駒がマイナスコストorコストに変動がなく、デッキのバリエーションがいつもより多い」ことです。

クラスマッチでも言えることですが、傾向に偏りがあると主力デッキvs対策デッキという構図が生まれがちです。

しかし、今回はバリエーションが多いため対策しづらく、比較的自分の戦法が通るカップ杯だと思います。

罠駒やルキアなど、敵の行動を制限する駒のコストが上がっていることも要因の1つだと思います。

強いて言えば神統一デッキに対する防御スキルやデバフスキル等の対策を多く見かけます。
しかしジークフリートなどの火力で押し切れるため、しっかり神対策するというよりは、対策できる駒を1、2体入れることが主流です。

そのため連勝がしづらく、相手との相性や手駒によって戦況が変わりがちです。

おすすめは混合デッキで、貫通やデバフなど、展開に合わせて打ち手を考えていけるため、どのデッキに対しても対等に戦うことができます。

以上、長文になってしまいましたが、今までのカップ杯よりもデッキ構築が楽しめると思いますので、ぜひお気に入りのデッキで挑んでみてください。

この記事を書いた人
ジェル@攻略ライター
洋ゲー好きなオセロニア古参勢。新しい駒が出るととりあえず欲しくなってしまいます。現在はチャージスキルと毒の可能性を模索中。

スポンサードリンク

 - カップ戦