オシロスコープが必要なワケ

オシロスコープが必要なワケ

エンジニアやプログラマーの方はもちろん、電子工作を趣味にしている方にとっても知らない人はいないであろうオシロスコープ。そんなオシロスコープが実際どのような役割を担っているのか紹介します。

オシロスコープとは

オシロスコープは、簡潔に言うと、電気信号を波形として画面上に表示し、その信号が時間の経過とともにどう変化するのかを示す測定器です。同じく測定器であるマルチメータ(テスター)とよく比較されますが、大きな違いとしては、オシロスコープにはマルチメータにはない時間軸があり、時間の経過での変化を測定する点にあります。

電源電圧の出力を確認

オシロスコープは、低い電圧レベルを測定する際に、電源内のごく小さな変動をも認識するため、電源電圧の出力チェックに役立ちます。

回路のチェック

回路を作成する際に、最終チェックとして電流がきちんと流れるのか、挙動はないか、事前の計算と合っているのかなどを確かめるためにも活用できます。

周波数の測定

信号波形の周波数を測定する際にも使うことができます。オシロスコープの種類によって、ボタンで自動的に周波数を表示してくれるものや、周波数自体を測定することは出来ないものであっても、信号の周期を計算し、周波数を特定することもできます。

電子機器のエラーの解析

電子機器の単純なエラーや故障の部位の特定にも活用できます。機器の動きに異常や遅れなどがあった際に、段階的に電気信号をチェックし、どの部位で故障が起きているのか特定ができます。

そのため、ゲーム機やテレビなどの電子機器の修理の際にもオシロスコープは活躍します。

データ収集

オシロスコープの種類や機種によっては、CSVエクスポートが備わっているものもあり、それを使うと数秒間でUSBにデータを落とすことができ、大変便利です。

教育目的の波形観測

学校で波形の観測の目的でオシロスコープはよく登場します。理由は、実際の電気信号が画面上に表示されるので、教科書の内容を理解しやすいからとされています。

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me