逆転オセロニア攻略ブログ

逆転オセロニアの攻略サイトです。リセマラ攻略・最新イベント情報など逆転オセロニアに関するあらゆるネタを配信中!

*

【オセロニア】10%×10回=100%!闘化剛羅編成デッキ

   

オセロニア [気高き狂気]剛羅

[気高き狂気]剛羅


「エクストラパックVol.10 -太古の豪傑-」で登場した剛羅。進化、闘化共に評判の良い駒です。今回は闘化剛羅にスポットを当てたデッキを組んでみました。

剛羅の評価、ステータスはこちら
剛羅|評価・闘化・ステータス・スキル
スポンサードリンク

デッキ評価

総合的な
強さ
★★★☆☆
デッキの
組みやすさ
★★★★
相性が良い
敵デッキ
回復耐久デッキ
ダメージマスデッキ
相性が悪い
敵デッキ
竜統一デッキ
攻撃型混合デッキ

戦術とデッキコンセプト

進化ヨシノやアルカード、カウンターなどでダメージを与える

闘化信長や剛羅でダメージマスを生成

闘化信長と剛羅のコンボスキルにアタッカーを繋げる

という流れです。

こちらが先行で、相手リーダーがシーラザードやアズリエルなど角に置かせたくない駒の場合、ダメージマスを早めに生成するために、ヨシノの次の駒をX打ちする手も強力です。

他のダメージマスデッキよりも攻撃的な戦法が可能なので、どんどん攻めていきたいです。

リーダー駒

進化ヨシノがおすすめです。

ヨシノの評価、ステータスはこちら
ヨシノ|評価・闘化・ステータス・スキル

最初は闘化信長をリーダーにしましたが、ヨシノにしてから勝率が上がりました。

ヨシノを持っていない場合、ダメージマスは関係ないですが、フルカスがおすすめです。

そもそもヨシノのコンボスキルを使う機会が少ないので重視しなくて良いですし、フルカスのコンボスキルも強力です。

キーポイントとなるキャラ

ダメージBマス生成スキルを持った駒

オセロニア [第六天魔王]織田信長

[第六天魔王]織田信長


オススメ駒(闘化剛羅/闘化織田信長/進化クイル・クエン/金色リッチ/アマデウス/冥美)

今回の主役ですが、あまり編成しすぎても攻め手を欠くので、3、4枚で良いと思います。

理想は闘化信長を編成して相手用ダメージBマスを生成することですが、コストが高いので、クイル・クエンで代用しても良いです。

クイル・クエンのコンボスキルもかなり強いですが、今回のデッキコンセプトには闘化信長の方があっていると思うので、コスト190でも闘化信長を編成してほしいです。

剛羅のダメージマス生成はランダムなので、先行2ターン目で手駒事故が起きた場合、最悪捨てても良いと思います。

ただ、コンボスキルが他の同種駒とは比べ物にならないくらい強いので、後攻2ターン目で辺に置いたり、中・後半で繋げる場所に置いてプレッシャーをかけたいです。

攻撃力バフスキルを持った駒

オセロニア [悪魔を率いる者]ベリアル

[悪魔を率いる者]ベリアル


オススメ駒(ベリアル/金色ベリアル/マスティマ/カーリー/窮奇/八重)

従来のダメージマスデッキとの最大の違いは、高い火力で責められることです。

闘化剛羅が魔統一に絞られるため、S駒ではベリアル、A駒ではマスティマやカーミラ、窮奇などが対象になります。

相手が神リーダーに絞られますが、コンボが今回のコンセプトにあっているブルータルオーガも積極的に編成してほしいです。

手駒ロック、無効スキルを持った駒

オセロニア [怜悧なるもの]ルキア

[怜悧なるもの]ルキア


オススメ駒(ルキア/アヌビス/ナルクレプス/ユスヘルミ)

ダメージBマスは後半になっていくほど踏む確率が高くなっていくため、相手への妨害でターンを稼ぐことも必要になります。

後に残すべき駒が少ないデッキなので、アヌビスは対象の駒が出るまで温存しましょう。

ルキアは最悪、中盤までで使っても良いと思いますが、ダメージマスが揃って、相手がダメージマスを踏んでも勝負を仕掛けざるを得ないタイミングで使うと効果的です。

おすすめデッキサンプル

コスト200

ダメージマスデッキ(コスト200)
レアリティ キャラ
S駒 【リーダー】(進化)ヨシノ[魔]/(闘化)剛羅[魔]/(闘化)織田信長[魔]/アズリエル[魔]
A駒 ブライダルポーリュプス[魔]/金色リッチ[魔]/ジルドレ[魔]/(闘化)アルカード[魔]/ブランジェッタ[魔]/窮奇[魔]/マスティマ[魔]/ルキア[魔]/カーミラ[魔]/アヌビス[魔]
B駒 アドマルク[魔]/クリスマスベリト[魔]

コスト180

ダメージマスデッキ(コスト180)
レアリティ キャラ
S駒 【リーダー】(進化)ヨシノ[魔]/(闘化)剛羅[魔]/クイル・クエン[魔]
A駒 ブライダルポーリュプス[魔]/(闘化)アルカード[魔]/アマデウス[魔]/悪狸王[魔]/ピリキナータ[魔]/窮奇[魔]/ダークアサシン[魔]/ルキア[魔]/アヌビス[魔]/カミュ[魔]
B駒 アンドラス[魔]/ベリト[魔]

闘化剛羅編成デッキの評価と見解

今回は新キャラの闘化剛羅を使用したデッキを組んでみました。

私は1回闘化して使い勝手を確かめてから、目当ての進化にしました。

そのため、実戦経験は少ないですが、火力で押してくるデッキ以外には対等以上の勝負ができました。

剛羅のコンボスキルが70%以上なので割と耐久メインのデッキに対しても発動機会があります。

また、闘化信長が手駒に来るか否かで、戦況が変わり、コスト30でも使いたい、存在感のある良い駒だと感じました。

しかし、蘭陵王リーダーのバフデッキになれると、マスティマなどでも火力不足を感じます。

中、長期的に展開していくため、竜デッキには弱いですし、バフを積んでいくタイプの神統一デッキにも分が悪いと思います。

しかし、魔のオーラバフなどが登場すると、かなり強いデッキになると思います。

それはそれで、バフ主流を助長する結果になるため手放しで喜べないですが、神統一デッキや竜デッキに比べて実践で使いづらい魔統一デッキを救うきっかけになるはずです。

この記事を書いた人
ジェル@攻略ライター
洋ゲー好きなオセロニア古参勢。新しい駒が出るととりあえず欲しくなってしまいます。現在はチャージスキルと毒の可能性を模索中。

スポンサードリンク

 - デッキ解説