逆転オセロニア攻略ブログ

逆転オセロニアの攻略サイトです。リセマラ攻略・最新イベント情報など逆転オセロニアに関するあらゆるネタを配信中!

*

【オセロニア】7月カップ戦「スターフェスティバル杯」のルールとおすすめデッキ考察

      2017/07/28

star-festival-cup
逆転オセロニアの7月カップ戦イベント「スターフェスティバル杯」のルールとおすすめデッキなどをご紹介します。

スポンサードリンク

カップ戦情報

7月28日(金)~30日(日)
朝:9:00~9:59 (28日は開催なし)
昼:12:00~12:59
夕:17:00~17:59
夜:22:00~22:59

コスト一覧

今回は下記のようなデッキ制限ルールが設けられています。カッコ内は実際のコストです。

マイナスコスト

-15(15)
シャイターン

-10(20)
織田信長、カルディア、諸葛亮

-5(15)
御伽印のS、S+

-4(6)
リジェル(前回カップ戦報酬)

-3(17)
御伽印のB、A、A+

-2(18)
東方印のS、S+

-1(B4、A9、S19)
東方印のB、A、A+
幻獣印のB、A、A+、S、S+

プラスコスト

+5(A15、S25)
天界印のA、A+、S、S+

+3(A13、S23)
闘士印のA、A+、S、S+

+20(A20、S40)
シーラザード
リーダーバフスキルを持った駒(蘭陵王、ムーニア、正月蘭陵王、レジェ、カステ・パルト、闘化デネヴ、進化アラニ・カラミッド)

カップ戦の対策

デッキコスト等を見て考えられる傾向を想定しながらデッキの組み方を考えてみたいと思います。

今回はコストが180なので注意してください。

カップ戦の仮説

  • 蘭陵王、天界印、闘士印がマイナスコストなため、攻撃的な神デッキは極めて少ない
  • コストが大幅に下がるシャイターンを中心とした魔デッキが多い
  • バフを用いたデッキが少ない事が考えられるため、シャイターンは闘化が多い

各属性のおすすめ度

今回は前哨戦を行なって気付いたポイントを中心に記載します。

フルカスリーダー魔デッキ

オススメ度:★★★★

主要な魔駒がマイナスコストか、コスト変動なしなので最も組みやすいデッキです。

フルカス、アズリエル、シャイターンだけで15000位のダメージを出せるため、神統一デッキが極端に少ないと思われる今回は、主流になるデッキです。

前哨戦を行なった際に感じた問題点として、あまりに似たデッキが多く、対策を立てないと連勝は厳しいと思います。

魔デッキで差をつけるためには、以下の点が重要です。

  • 罠やカウンターが多いため、貫通スキルを持つ駒を編成する
  • 攻撃の要は特殊ダメージなので、特殊罠を編成する

  • 混合竜デッキ

    オススメ度:★★★★

    前哨戦で使ってくる相手はあまりいませんでしたが、使ってみて、高い勝率を上げる事ができました。

    今回の肝はランドタイラントです。

    リーダーバフのコストが軒並み上がっているため、通常攻撃系のデッキは敬遠されがちですが、むしろランドタイラントはマイナスコストなので、リーダーにすれば力を発揮します。

    今回は、ダウスタラニスやリジェル、マギラなどの優秀な貫通駒のコストが下がっており、アズリエルなどのコンボ要員にも恵まれているため、かなり強力なデッキが作成可能です。

    竜統一デッキ

    オススメ度:★★★☆☆

    上記の竜混合デッキから考えると、闘化ランドタイラントをリーダーにした竜統一デッキも強そうですが、個人的には戦って、あまり脅威に感じませんでした。

    理由は、HPが低すぎるからだと思います。

    今回は、フルカスやアズリエル、シャイターンなどの高いダメージを出せる魔駒が多いため、HP18000程度では倒す前に倒されるケースが目立ちます。

    デッキごとのおすすめ駒

    上記で紹介した駒以外におすすめの駒を各デッキごとにピックアップしてご紹介します。

    [魔]テラーナイト

    今回は、リーダーバフキャラがほとんど使われないため、テラーナイトを出せば、ミアクレルやエンデガは大したダメージを出せません。

    凌いで、次のターンでカーリーやマスティマなどを繋げは、高いダメージを与える事が可能です。

    [魔]アルカード

    先攻であれば、フルカスやヨシノの後に出せれば、かなりのダメージを期待できます。

    シャイターンで吸収した後に出せば、普段よりは、中盤以降無駄になりにくいと思います。

    アズリエルやカーリー、ダウスタラニスなど、S駒を充実させたい場合はフルカスの代わりにリーダーでも良いと思います。

    [竜]アリババ

    スキルもコンボも強い万能駒です。

    今回は大幅にコストが下がっているため、持っていたら、魔デッキから竜デッキに鞍替えしても良いくらいの性能です。

    [竜]ラーニ

    今回活躍するであろうアズリエルの天敵です。

    コンボスキルがA駒としては破格の強さなので、アズリエルの牽制として、勝負をかける際につなげる箇所に置きましょう。

    今回はコストダウンしているところもポイントです。

    同じアンデッドスキルを持ったキャラとしては、竜A駒の孫尚香もオススメです。

    [竜]ウルガルド

    前哨戦では、ほとんどのプレイヤーがフルカスやヨシノをリーダーにしていたので、活躍が見込めます。

    コンボスキルも強く汎用性が高いので、魔リーダーではなくても無駄にはなりません。

    [竜]サマーアルン

    普段はコンボスキルを活かしづらい駒ですが、魔デッキが多いと思われる今回は、X打ちでも積極的に使っていけます。

    [混合]金色アラジン

    今回は早い決着が多いので、HP制限がある駒も積極的に使っていけます。

    ダウスタラニスやリジェルなどの貫通駒と相性の良いコンボスキルが最大の魅力です。

    デッキ例

    魔デッキ

    スターフェスティバル杯(魔デッキ)
    レアリティ キャラ
    S駒 【リーダー駒】フルカス[魔]/ダウスタラニス[竜]/(闘化)シャイターン[魔]/ラドラ[竜]/アズリエル[魔]
    A駒 リジェル[竜]/ジューンブライドポーリュプス[魔]/ジルドレ[魔]/(闘化)アルカード[魔]ブランジェッタ[魔]/テラーナイト[魔]/マスティマ[魔]/ルキア[魔]/エンデガ[神]
    B駒 アドマルク[魔]/クリスマスベリト[魔]

    竜デッキ

    スターフェスティバル杯(竜デッキ)
    レアリティ キャラ
    S駒 (闘化)アリババ[竜]/ダウスタラニス[竜]/カーリー[魔]/アズリエル[魔]
    A駒 【リーダー駒】(進化)ランドタイラント[竜]/デビルドレイク[竜]/リジェル[竜]/フリューコーダ[竜]/ファイアドレイク[竜]/マギラ[竜]/ラーニ[竜]/ウルガルド[竜]/サマーアルン[竜]/テラーナイト[魔]/金色アラジン[神]/エンデガ[神]
    B駒 なし

    初めて1〜3ヶ月め位の方対象のデッキ

    スターフェスティバル杯(ビギナー)
    レアリティ キャラ
    S駒 【リーダー駒】フルカス(進化ヨシノでも可)[魔]/アズリエル[魔]
    A駒 アルクルシュ(決戦)[魔]/アルカード(初期駒)[魔]/テラーナイト(ガチャ)[魔]/ピリキナータ(決戦)[魔]/ダークアサシン(ガチャ)[魔]/ファウスト(決戦)[魔]/マスティマ(決戦)[魔]/カーミラ(ガチャ)[魔]/狗神(クエスト14−3)[魔]/鬼童(クエスト10−4)[魔]/イザナミ(ガチャ)[魔]/カミュ(クラスマッチ)[魔]
    B駒 アンドラス(クエスト1−1)[魔]

    ※アズリエルでリセマラしたことを想定しているため、他のS駒でも代用可能です。(闘化ドルシー、闘化クイル・クエン、闘化ヨシノ、進化シンドバッドなど)

    ※その他、主な代用可能駒(カーミラ→窮奇、アルカード→アリオーシュ)

    総評

    前哨戦を周った結果、未だかつてないほど魔リーダーのデッキが多い印象です。

    こちらも魔デッキで勝負するのが得策だと思います。

    魔属性が中心なので、カウンターを警戒した、通常ダメージや特殊ダメージに頼らない毒や吸収中心のデッキが安定して活躍しそうです。

    ただし、前述した通り、主要な竜駒のコストも下がっているため、ランドタイラントをリーダーにしたり、魔デッキに貫通を入れるなど、活かしてほしいと思います。

    この記事を書いた人
    ジェル@攻略ライター
    洋ゲー好きなオセロニア古参勢。新しい駒が出るととりあえず欲しくなってしまいます。現在はチャージスキルと毒の可能性を模索中。

    スポンサードリンク

     - カップ戦