逆転オセロニア攻略ブログ

逆転オセロニアの攻略サイトです。リセマラ攻略・最新イベント情報など逆転オセロニアに関するあらゆるネタを配信中!

*

【オセロニア】ミュエル|評価・ステータス・スキル

   

オセロニア 決戦!ミュエル
逆転オセロニアの「ミュエル」の総合評価や特徴、さらにはステータス・スキル・入手方法まで詳しくご紹介しています。

スポンサードリンク

オセロニア ミュエル 評価・特徴

総合評価

キャラ 総合評価
ミュエル 3点/5点

特徴・使い方

期間限定の決戦イベントのAランク駒。

スキル発動条件は厳しいですが、発動すれば強力なダメージを相手に与えることができます。

ステータスとしてはHPもATKも決して優秀とは言えません。

特にATKが低いので、見た目よりもスキル発動時の火力は低いです。

もっとATKが高ければ、一発逆転狙いのフィニッシャーとしてスタメン入りも考えられたのですが…

オセロニアを始めたばかりで、駒が揃ってない初心者の方はデッキに編成する機会もあるでしょう。

ある程度駒が揃っている方の場合、A駒でも、もっと使いやすく火力が高いキャラも多いので、スタメン入りは少し厳しいと思います。

スキル性能自体はとても強力です。

壊れ性能駒と言われるヴィクトリアと同じ倍率の通常攻撃の1.6倍の特殊ダメージを与えることができるスキルです。

スキル発動条件をクリア出来て、バフやコンボをつなげる事ができれば、A駒としてはかなりダメージを出せるでしょう。

コンボスキルは、A駒としては可もなく不可もなくといった程度の性能だと思います。

発動条件もない点はプラスで、中盤~終盤にかけてはそれなりのダメージは出せるでしょう。

使い方としては、魔属性統一デッキがオススメです。

蘭陵王リーダーの混合デッキへの編成を考えた場合、同程度の火力を持ったのオキクルミ、アルーシャなどの方が圧倒的に使いやすいですからね……

ただ、魔属性統一デッキで使うにしても、ATKの倍率を上げることができるキャラが少ないので、ミュエルの持ち味を殺してしまうことになりそうです。

結論、やはり微妙な駒ですね……

評価は5点中3点にしました。

スキルの性能自体は高いものの、ATKが低く、さらにはスキルの発動条件が厳しいので、今回はこの点数にしました。

オセロニア ミュエル 基本パラメーター

オセロニア ミュエル

ミュエル


キャラ名 【進化前】ミュエル
【進化】[氷の艶魔]ミュエル
レアリティ A→A+
入手方法 決戦イベント
属性
コスト 10
同一キャラ
デッキ組込
制限数
1
導師印

オセロニア ミュエル ステータス・スキル

オセロニア [氷の艶魔]ミュエル

[氷の艶魔]ミュエル


【進化前】
MAX
【進化】
MAX
HP 1097 1366
ATK 933 975

スキル

スキル 氷暴絶華
【進化前】最大Lv 3
【進化】最大Lv 5
効果:Lv1 特殊ダメージ:ターン開始時のHPが20%以下の時に発動できる。通常攻撃ダメージの1.2倍の特殊ダメージを与える。
効果:Lv2 特殊ダメージ:ターン開始時のHPが20%以下の時に発動できる。通常攻撃ダメージの1.3倍の特殊ダメージを与える。
効果:Lv3 特殊ダメージ:ターン開始時のHPが20%以下の時に発動できる。通常攻撃ダメージの1.4倍の特殊ダメージを与える。
効果:Lv4 特殊ダメージ:ターン開始時のHPが20%以下の時に発動できる。通常攻撃ダメージの1.5倍の特殊ダメージを与える。
効果:Lv5 特殊ダメージ:ターン開始時のHPが20%以下の時に発動できる。通常攻撃ダメージの1.6倍の特殊ダメージを与える。

コンボスキル

スキル アイスコフィン
【進化前】最大Lv 3
【進化】最大Lv 5
効果:Lv1 特殊ダメージ:ひっくり返した後の盤面の相手の駒数×100の特殊ダメージを与える。
効果:Lv2 特殊ダメージ:ひっくり返した後の盤面の相手の駒数×110の特殊ダメージを与える。
効果:Lv3 特殊ダメージ:ひっくり返した後の盤面の相手の駒数×120の特殊ダメージを与える。
効果:Lv4 特殊ダメージ:ひっくり返した後の盤面の相手の駒数×130の特殊ダメージを与える。
効果:Lv5 特殊ダメージ:ひっくり返した後の盤面の相手の駒数×140の特殊ダメージを与える。

スキル上げ

もったいないのでスキル上げにフェアリーは使わないように!

同キャラ2体でスキルレベルアップ確率50%、3体で75%、4体で100%となります。

キャラ レベルアップ
成功率
同キャラ×1体 [Lv1→Lv2]25%
[Lv2→Lv3]25%
[Lv3→Lv4]25%
[Lv4→Lv5]25%

スポンサードリンク

 - キャラクター, 決戦イベント , ,