ゲーム業界におけるデータセキュリティの重要性について

ゲーム業界におけるデータセキュリティの重要性について

オンラインゲームは専用のゲーム機やソフトを購入するのと違って、普段使っているパソコンやスマホで利用できるので比較的手軽に楽しめるようになりました。しかしその分、ユーザーのセキュリティ意識が希薄なことが多く、とても危険な状況にあることを理解していない人が数多くいます。

ゲームは巨大な文化でありビジネスでもあります。ゲームの購入、アプリ内コンテンツ、サブスクリプション料金などの全てが積み重なることで、日本サーバーのみならず世界で年間1千億ドルを超えるビジネスを形成しています。 それだけでなくゲームのプラットフォーム、フォーラム、サービスなどに数百万や数千万というアカウントが存在しており、これらのアカウントにはメールアドレス、購入履歴、クレジットカード情報などの貴重な個人情報が含まれているのです。それらが漏洩されることで様々な弊害が生まれてしまいます。

オンラインには海賊版が違法に複製されており、配布される海賊版は世界中のPCゲーム業界を騒がせています。またソーシャルゲームやオンラインゲームなどは不特定多数のユーザーが何らかのコミュニケーションを取ることになることから、このコミュニケーションを阻害するクラッキングが行われるのは全員にとって損害でしかありません。

攻略サイトやSNS・動画サービスなどに情報が流れる事によってユーザー体験に影響するゲームデザインの場合には、セーブデータ改ざんによってクリアが早まり情報の拡散が早まる可能性があります。

VPNを使うことで通速度やラグ(遅延)を改善できるかもしれません。通常であれば契約しているISP(インターネットサービスプロバイダー)に通信量を把握されているため、膨大なデータ通信量をともなうオンラインゲームに速度制限を設けているISPが存在します。

もしあなたが制限を設けているISPと契約している場合には、通信の混み合う時間帯に速度が遅くなることがあります。こういった速度遅延に対してVPNを使えば、ゲームサーバーに1番近いVPNサーバーから最短ルートで接続を可能にします。オンラインゲームを日常的にプレイするユーザーにもVPNの接続は非常におすすめします。

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me