The Sandbox(サンドボックス)始め方!やり方や収益化の方法

The Sandbox(サンドボックス)とは

『The Sandbox(サンドボックス)』は、イーサリアムのブロックチェーン技術を基盤とした「ユーザー主導のゲームプラットフォーム」です。ユーザーは、Metaverse(メタバース)と呼ばれる仮想空間上にLAND(ランド)を購入・レンタルをすることで、オリジナルのゲームやアイテム、キャラクター、サービスを作成することができます。『マインクラフト』などのシュミレーションゲームが好きなゲーマーには、とても親しみを感じられるゲームプラットフォームでしょう。

NFTとして取引も可能

またユーザーは、所有するランドやアイテム・キャラクターをイーサリアムブロックチェーンによる代替不可トークン(NFT:Non-Fungible Token)としてプラットフォーム上で自由に売買することも可能です。

The Sandbox(サンドボックス)でよく使う用語

The Sandbox(サンドボックス)からブロックチェーンゲームを始めたい方にとっては、システムや用語など分からないことばかりですよね。単語の意味が分からないと内容を理解することも一苦労だと思いますので、ここからはサンドボックスでよく使う用語3つを解説していきます。全体像を掴むために欠かすことのできない用語ですので、しっかりと覚えておいてくださいね!

METAVERSE(メタバース)

METAVERSE(メタバース)とは、サンドボックスの仮想空間のことを指します。166,464個のLAND(ランド)で構成されており、メタバースにて利用できる主要トークンは、イーサリアムブロックチェーン上で発行された「ERC-20(SAND)」です。

LAND(ランド)

LAND(ランド)とは、メタバース内における土地のことであり、166,464個が発行数の上限と決められています。ランド上にプレイヤーがデジタルアセットを構築することができます。ランドは、サンドボックス内のマーケットプレイスやコインチェック NFT(β版)でも購入することが可能です。

ESTATE(エステート)

ESTATE(エステート)とは、サンドボックス内における地域を指します。1ランドは、96メートル(縦)×96メートル(横)×128メール(高さ)です。1アバターが、1メートル × 1メートルですので、1ランドでも十分に広い空間です。エステートは、複数のランドから構成された地域を指しています。最小サイズのエステートは3×3、合計9ランドから構成されています。

The Sandbox(サンドボックス)のやり方

ここからはサンドボックスのやり方について解説していきます。順序ごとに進めるだけで簡単に始められるので、まずはアカウントの作成から始めましょう!

1.サンドボックスへアクセスして、サインアップ

サンドボックスへアクセスしてサインアップ(新規登録)しましょう。アカウント作成に使えるウォレットは「Metamask」と「Bitski」の2種類ありますが、最初は日本語サポートを行っている「Metamask」で接続してみましょう。

2.エディターをダウンロード

エディターページTOPに「ダウンロード」という表記があるので、そこをクリックするだけです。対応機種にあったものをインストールしましょう。ファイルを解凍後に「VoxEdit」を開けば、ダウンロードの完了です。

The Sandbox(サンドボックス)での稼ぎ方

サンドボックスは、単にゲームとして楽しめるだけでなく、次の3つの方法でお金を稼ぐことができます。

LAND(ランド)を貸し出すことで不動産収入を得る

サンドボックスでは、ゲームをプレイするうえで必要不可欠なランドを貸し出し、不動産収入を得ることができます。ランドは、ゲーム内やコインチェック NFTなどのNFTマーケットプレイスで購入することもできますが、その金額は日本円でおよそ14~21万円(2021年8月時点)とかなりの額となっています。また、LANDは高額なだけでなく数量に上限があることから、ユーザー数の増加に伴ってその価格は上昇するとみられており、LANDの貸出しに対する需要も増えることが予想されています。

キャラクターやアイテムをNFTマーケットプレイスで販売

サンドボックスの無料ツールを利用して作成したキャラクターやアイテムは、ブロックチェーン技術によりNFT(非代替性トークン)として唯一無二の価値があります。また、自身で作成したNFTはゲーム内やコインチェック NFTなどのNFTマーケットプレイスに出品して収入を得ることも可能です。ツールは誰でも利用できるので、ゲームを遊ぶためだけでなく、収入を得るためにNFT作成にチャレンジしてみてもよいでしょう。

ランド内でプレイできるゲームやジオラマを有料で提供

サンドボックでは、自作のゲームやジオラマを作成して、メタバース内で有料にて提供することができます。キャラクターやアイテムのように販売してなくなるものではないので、良いゲームやジオラマを1つ作成するだけで継続して収入を得ることが可能となっています。

最後に

ただ消費するだけだったゲームという存在が、投資に代わる可能性があるというのは、全世界のゲーマーにとって嬉しいことではないでしょうか?これを機に、ぜひあなたもサンドボックを始めてみましょう!

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me