初心者のためのH.O.R.S.E.ポーカー入門ガイド

カジノテーブルやトーナメント、そして小さなギャンブルの場でも常に大人気なポーカー。ポーカーの人気と伝統は、世界各地で様々な種類のポーカーが生まれていることからも分かります。

他のポーカーゲームのルールや仕組みを覚えるのは大変ですが、一度プレイしてみれば大体どのようなゲームか分かってきます。ポーカーではH.O.R.S.E.という頭文字での造語があり、様々なポーカーゲームで構成されています。H.O.R.S.E.を一度プレイして見て、新しいスリリングを楽しみませんか?

ポーカーでのH.O.R.S.E.

H.O.R.S.Eポーカーとは、有名なポーカーゲームのバリエーションを集めたものです。以下に紹介するように、最初の2つの文字のゲームはコミュニティカード・ポーカーゲームで、他の3つはスタッド・ポーカーの亜種です。H.O.R.S.E.は、カジノやトーナメントのハイステークステーブルでよく見られ、プレイされているバック・トゥ・バック(ローテーション)のゲームです。そのため、通常のシンプルなキャッシュゲームよりもかなり長い時間がかかります。そして、ゲームが変わるごとにルールも変わりますので、臨機応変なプレイが求められます。

映画界での三冠王は演技を称え、競馬界でも三冠王シリーズもあります。ポーカーの世界ではまだ、三冠王シリーズはありませんが、ポーカーゲームの中ではH.O.R.S.E.が一番プレイヤーの腕が試されます。ではどのようなゲームなのか、それぞれの文字が何を意味するのかを見ていきましょう

H: Texas Hold’em(テキサスホールデム)

テキサスホールデムは、間違いなく、最も有名なポーカーゲームの一つです。大抵の大きいトーナメントはテキサスホールデムを使用していますし、ポーカー界はこのゲームのおかげで今に至ってると言っても過言ではありません。教えるのも、学ぶのも、プレイするのも簡単ですが、マスターするのは非常に難しいゲームです。プロプレイヤーとアマチュアの差も千差万別で、経験がモノを言います。

ルールは簡単で、各プレイヤーに2枚の伏せられたカード(通称ホールカード)を受け取り、さらに次の3段階の伏せられたコミュニティカード(参加者共通の持ち札)5枚を受け取ります。7枚のトランプの中から、5枚の最高のポーカーハンドを作って、競い合うゲームで、勝利した方がポットを獲得するのです。

簡単そうに見えますが、ステージの最後まで残ることができるかどうかが勝負の分かれ目です。各ベッティングラウンドでは、チェック、コール、レイズ、フォールドなどのポーカーではお馴染みの選択肢が用意されています。

O: Omaha Hold’em(オマハ・ホールデム)

オマハとも呼ばれるこのコミュニティカードゲームは、テキサスホールデムと同じ形式です。どちらもブラインド、ボタン形式、通常のハイハンドランキングシステム、コミュニティカードがあります。最も大きな違いは、プレイヤーに配られるカードが通常の2枚ではなく、4枚の伏せられたカードであることです。これにより、ゲームはだいぶ複雑なになり、 ブラフの使い所などが大事となってきます。

このゲームの「O」の文字のベッティングと勝利の構造は、オマハ・ハイロー・スプリット・8・オア・ベター、別名オマハ ハイ/ローとも言います。スタンダードなオマハ・ポーカーのスプリット・ポット版で、プレイヤーは配られたカードとコミュニティカードで最高のハンドと最低のハンドの両方を同時に作らなければなりません。

R: Razz(ラズ)

ラズは、このミックスゲームの中で唯一、逆にプレイされる種類のポーカーです。基本的には、有名な7カードスタッドのローボール版です。プレイヤーは、配られた7枚のカードから、可能な限り低い5枚のハンドを作ることを競います。

ラウンドが始まると、全てのプレイヤーに3枚カードが配られて、そのうち2枚が伏せたままのダウンカード、1枚が他のプレイヤーにも見れるようにオープンカードとなります。ゲームが進行して、最終的には、各プレイヤーに3枚のダウンカードと4枚のオープンカードの中、5枚を使用した一番低いハンドの勝ちとなります。

S: Seven-card Stud(7カードスタッド)

7カードスタッドは、少々複雑なゲーム性を持っています。以下のラウンド・ストリートごとに、ローテーションやベット額などの参加条件が異なります。また、ブラインドベットがなく、テーブルのカードの強弱でのルール使用するため、最初のベッティングラウンドは、表向きのカードが一番低いプレイヤーからスタートします。しかし、次のラウンド/ストリートでは、一番高いカード2枚のカードを持っているプレイヤーからスタートします。

ラズと同じように各プレイヤーに3枚のダウンカードと4枚のオープンカードの中、5枚を使用したゲームです。ですが、ラズとは違い、強いハンドを持ったプレイヤーの勝ちとなります。

E: Eight-or-better(エイト・オア・ベター)

このゲームの目的は、ハイロー・スプリット・ベッティングを用いてプレイすることであり、ハイロー・スタッドやセブンスタッドハイローという別名があります。このゲームは非常に高レベルのテクニックが必要とされるゲームの一つです。

簡単に説明すると、最強のハイと同じく最強のace to five(A〜5)と呼ばれるローハンドがポットを分け合う形になります。ですが、どのプレイヤーもローサイドに該当する手札を持っていない場合、最も高い手札を持っているプレイヤーがポット全体を獲得します。

まとめ

H.O.R.S.E.というゲームは、プレイヤーの幅広いポーカーの知識や才能と腕を試すのに最適なゲームです。腕試しや経験を積むのにも最適で、臨機応変なゲームの数々をローテーション式にプレイしなければならないので、ゲームが変わると同時に逆転のチャンスも増えてきたりします。一度、試して見てはどうでしょうか。

また、1回のシンプルなキャッシュゲームや、競馬のハイペースな締めくくりなど、だんだんと退屈になっていく状況を打破する、さらなるスリルも味わえることができます。仕事や休暇で疲れたときに、友達と一緒にプレイするのに最適なゲームです。

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me