Insomniacがマーベルビデオゲームの最高の開発者である理由

アメリカのコミックブックでのビデオゲームの採用は、ゲーム業界でも珍しくありません。Injustice(インジュスティス)のようなものからBatman: Arkham (バットマン アーカム)シリーズまで、発売されてからも長い間人気を保っているものもあります。現在では、Insomniac Games (IG)はアメリカのコミックベースのゲームスタジオに特化しています。

マーベルも、マーベル対カプコンやマーベルアルティメットアライアンスシリーズなどのゲームでも有名です。これらのゲームはゲーム自体素晴らしい出来になっているものの、映画などの再現ではなく、ストーリー性を求める人には物足りないかもしれません。

2018年と2020年に発売されたスパイダーマンのゲームでは、IG独自のストーリーやキャラクターでプレイアーたちの心をつかむことができました。コミックでは常にストーリーが一番重要なポイントで、プレイヤーがあたかも自分がヒーロー役であると感じさせる特徴があります。今回、新たなSpideyのスリングウェブは、IGでも胸を張れこれからマーベルゲームの将来を担う作品となっております。

コミックの本質を捉えるIG

スパイダーマンのゲームをプレイした人のレビューを見てみると、ゲームのプレイヤーベースの評価がすごくされています。主人公のピーター・パーカーとマイルズ・モラレスの二人の主人公のストーリーも評価がよく、彼らがヒーローになっていく物語はプレイヤーをも夢中にしていきました。

本来、ゲームを作成している上でストーリーに忠実に再現を心がけても、ゲームでは数え切れないほどの時間をプレイする人もいますので、ゲームでの特別会話などの要素も加えています。IGはコミックベースのゲームを作ることライセンスを持っているだけあって、主人公たちだけでなくゲームの本質をとらえ、見事なバランスでゲームを完成させました。

IGはマーベルの作品を手がける最高のスタジオ

ちょうど今、スパイダーマンの第3作目、そしてウルヴァリンのゲームの開発進行中をしているIGには期待を膨らませるファンが多いと思います。今までの実績でも分かる通り、IGはこれまで、スパイダーマン、ラチェット&クランク、そして恒星のレジスタンスシリーズと数ある名作を作ってきました。

IGはPlayStationをホームベースとして、NaughtyDogの信頼も得ている開発者も採用し、PS限定のゲームをこれからも開発する予定です。スパイダーマンの人気でも分かる通り、ウルヴァリンも名作の予感です。

これまで分かる通り、マーベルとIGの組み合わせは成功が間違いなしと見てもいいでしょう。すでに世界的に人気なマーベルのヒーローにIGがスポットライトを当てることによって無限大の可能性を見出します。

バットマンをビデオゲームのヒーロー

日本ではそこまで流行らなかったゲームですが、IGはバットマンを象徴的なヒーローにしたといっても過言ではないほどです。バットマン アーカムシリーズが代表的なもので、物語を中心としたゲームでプレイヤーを圧倒させました。そのモデルに従い、スパイダーマンも成功させていますので、これからにも期待です。

マーベルゲームでどの作品をプレイしたいか探している方には、IGが手がけた作品がおすすめです。過去に成功した作品も数多く、これからの作品にも期待がもてます!

https://drive.google.com/file/d/1f3JDzsOYdUBpnZaFOXG4DTapQWPZWfud/view?usp=sharing

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me